外壁塗装の費用で戸建てだと、一体いくらぐらいになるのでしょうか。
私の家は千葉にあり築26年の48坪の戸建てで外壁塗装を検討していたので、同じように戸建てで外壁塗装を考えている方にも参考になればと思います。
%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85-%e8%b2%bb%e7%94%a8-%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a601
私も外壁塗装についてはまったくの素人だったので業者にお願いして、まずは外壁塗装の見積もりを3社で取りました。

まず1社目の業者は、外壁塗装の見積もりの途中で連絡が来なくなりました・・・。

2社目の外壁塗装の見積もりは、総額908,800円でセラミックシリコン塗料でした。
そして、3社目の外壁塗装の見積もりは、総額1,045,000円で透湿弾性壁面防水化粧材、ハイブリットプロテクトUトップ塗料でした。

2社目と3社目は外壁塗装の見積もりは出してくれたのですが、同じ外壁塗装なのにこんなに費用に差が出るのかと疑問に思いました。

自分で業者に外壁塗装の見積もりをお願いすると、1社目のような対応をされてしまい信頼できるかが不安になりました。
そして、外壁塗装の費用も本当にこれでいいのか分からなくなってしまいました。

そんな時に友人に外壁塗装費用の費用の戸建ての相場価格のシュミレーションができる
「ヌリカエ」というサイトを教えてもらいました。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

 

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85-%e8%b2%bb%e7%94%a8-%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a603

費用のシュミレーションが、たった10秒!しかも無料で自分の地域の相場価格や適正価格をシュミレーションすることができます。

実際に相場価格のシュミレーションをしたところ、千葉で私の家の外壁塗装の費用は約80万円で、10万円も安くなりました。
しかも私の場合は、よい業者を紹介してもらえて現在は施工待ちです。

以前見積もりを頼んだ3社に断りの電話を入れる際には、
自分で連絡しなくてはいけなかったのが嫌だったんですが、
「ヌリカエ」なら担当者に全てお任せできるのも安心でした。

外壁塗装費用の戸建ての費用の相場価格をシュミレーションするならこちら

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

 

見積もりを取る前に外壁塗装について自分なりに調べてみたので、参考になればと思います。
外壁塗装の費用ですが、国土交通省の「住宅・土地統計調査」によると、日本の平均戸建て平均延床面積は128.64平米(約41坪)と言われています。
そこから、外壁塗装の費用戸建てで算出すると約100万~120万ぐらいになります。

ただし平均延床面積の外壁塗装の費用なので、もう少し広ければ更に費用は高くなってきます。
また外壁の材質や傷み具合によっても、外壁塗装費用の戸建て費用が異なります。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85-%e8%b2%bb%e7%94%a8-%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a603

外壁塗装費用の内訳項目

外壁塗装の費用の戸建てでかかる内訳には、どんな費用項目があるか確認しておきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗装材料費用
外壁に使用する塗料は、下塗りと中上塗りと仕上げ塗り用とあり別々の塗料になります。
ひとくちに塗料といっても、耐久性が材質によって異なるため塗装費用にもかなりの差がでてきます。

足場費用
足場には3種類あります。
「単管足場」「単管ブラケット足場」「クサビ(ビケ)足場」
足場は、足場専門業者に頼むところが多く足場は外注する場合がほとんどです。

養生費用
窓やサッシやドアなど、外壁と接している部分に塗料がつかないようにビニールで保護するので、その材料費と作業費用になります。

下地調整費用
まずは外壁の汚れをきれいにするために、高圧洗浄作業があります。
そして、外壁を塗り直す時に塗料がきちんと定着するように塗装面の処理をする作業です。

人件費用
作業にかかる人件費用です。

現場管理及び諸経費用
材料発注費、施工管理費、設計費、積算費等の事務手数料になります。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a802

外壁塗装の費用としては、ご自分の住んでいる地域や施工の条件により費用に変動があります。
なので、実際に見積もりを作成してもらうことをおすすめします。

外壁塗装の費用で1番重視してほしいことは、
「総額の費用はいくらか」また「耐久性がどれくらいもつか」ということに注意するといいです。

たとえば、足場は業者のところで直接足場を設置すると費用が安くできて、外注に足場を頼むと高く費用がかかります。

見積もりでは、そのような費用の部分も業者側で変更することも可能なので、外壁塗装の費用は総額で見るようにするのがポイントです。

外壁塗装費用でサイディングのリフォーム方法は?

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b001

外壁塗装の費用の中で「サイディング」があります。
私の家もまさにこのサイディングです。

最近の新築住宅でも、サイディングはよく見かけるようになりましたね。
サイディングは、施工が簡単で材料費用も安く設置にも時間がかからないので人気があります。
そしてサイディングの最大の売りは「半永久的にもつ」と言われています。

 

 

しかし、サイディングの持つ問題点もあるんです。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b004

それはサイディングには、外壁に撥水効果が低下している場合に、変形・ヒビ割れ・カビ・苔などの欠損等が発生してしまいます。

サイディングが、ヒビ割れなどにより浸水を受けて、外壁内の湿度が高まりが加速してしまい、外気温と内気温との差が大きくなった際に外壁内の結露が発生しやすくなります。

湿気が逃げずに柱、土台など腐朽や断熱材が湿気で濡れてしまう事で、断熱低下が低下するという問題が表面化しやすくなります。
サイディングがさらに悪い状態になると、木部腐朽や白蟻が発生する弊害も起きる可能性が高まります。

また、サイディングのシーリング(外壁材と外壁材のつなぎ目)の劣化によって防水効果が低下します。
サイディングのシーリングが劣化してしまう原因としては、日常的な家の動きによる伸縮と温度の変化や紫外線などの自然条件によるものです。

サイディングのシーリング部分が劣化してしまった場合には雨水の侵入により、下地の腐朽や鉄骨のサビなどの原因になります。
なのでサイディングのシーリング部分が外れたり、切れていたり、ヒビ割れなどが起きた場合にはリフォームする必要があります。

サイディングのリフォームをしないとこのようになります。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b002

さて、外壁塗装費用でサイディングのリフォーム方法は主に3つあります。

<<サイディングの張り替え>>

今あるサイディングを全て撤去して新しいサイディングを貼り付けるか、今あるサイディングは残して上から新しいサイディングを貼るという2つの方法があります。
ただし今あるサイディングに変形や反りがある場合には、キレイにサイディングの張り替えができないこともあります。
外壁塗装の費用でサイディングの「張り替え」は価格が1番高いです。

<<サイディングの上塗り塗装>>

今あるサイディングを剥がして塗装するか、サイディングの上から塗装するかの2つの方法があります。
サイディングの上塗りをする際の注意点は、「元の塗装材」と違うものだと剥がれやすくなったり不具合が生じる可能性があるということです。
なので塗装材の種類を選ぶときには慎重に選ぶことをおすすめします。

上塗り塗装の種類としてはアクリル、ウレタン、シリコンやフッ素などがあります。

外壁塗装の費用でサイディングの「上塗り塗装」は、塗装材によって価格に変動があります。
サイディングの張り替えよりは少しだけ価格を抑えることができます。

<<シーリング改修>>

シーリングの説明をしておきたいのですが、シーリングとは「外壁材と外壁材のつなぎ目」の事を指します。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b003

今あるシーリングを撤去して新しくシーリングを打ち替えするか、今あるシーリングの上から新しくシーリングを打ち増しするという2つの方法があります。シーリング材の種類としては、ウレタンと変性シリコンがあります。

外壁塗装の費用でサイディングのシーリング改修は「張り替え」と「上塗り塗装」よりは1番価格が安くなります。

「外壁塗装費用でサイディングのリフォーム」とひとことで言っても、リフォーム方法は様々です。
そして、リフォームする時に使う材料によっても費用に違いが出てきます。

なので1つの業者にチェックしてもらうのではなく、複数の業者から見積もりや話しを聞くことをおすすめします。
外壁塗装費用の戸建ての費用の相場が分かったり、複数業者からの見積もりが無料でできるのはこちら。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

外壁塗装の費用をローンで組むときの知識

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3

外壁塗装の費用をローンで組むときは、銀行かカード会社でローンを組むことができます。

まとまったお金が手元にない場合にはローンがおすすめです。
それは、外壁塗装の費用をローンで組めばすぐに着手出来ますよね。
お金がないという理由で、先延ばしにしてしまうとさらに傷み劣化が進んでしまい、結果的には外壁塗装の費用がより高額になってしまうケースもあります。
なので、外壁塗装の費用はローンを組んで無駄なコストをかけない為にも、しっかりとメンテナンスすることをおすすめします。

外壁塗装の費用をローンで組むときには「メリット」「デメリット」があるのを理解してローンを組むことも大切です。

■ローンのメリット

・手元にまとまったお金がなくても外壁塗装ができる。
・子供がいるので貯金を使いたくない。
・コストはかかるが、耐久性に優れた塗料を使用したい。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b303

■ローンのデメリット

・金利負担が発生する。
・金利上昇リスクがあり、変動金利により返済額増加する可能性がある。
・住宅ローンをすでに組んでいる人は、さらに二重ローンとなり負担が大きくなる。

 

 

 

それでは、外壁塗装費用のローンの種類を確認しておきます。

1)すでに住宅ローンを組んでいる金融機関に相談する

外壁塗装を考えてる方の中には、今現在住宅ローンを組んでいる方も多いと思いますがローン返済中なら「金利優遇制度」が受けられる可能性があります。
またすでにローンの審査が通っているため、外壁塗装費用のローンもスムーズにいくことが多いですね。
なのでまずは、ローンを組んでいる同じ金融機関へローンの相談してみることをおすすめします。

2)銀行の有担保ローン

ローンで「金利の安さ」で選ぶなら、銀行の有担保ローンが良いです。
また限度額も大きいので一度、有担保ローンを検討してみるのもおすすめです。

ただしローンの手続きが多く、有担保ローンを組むときに担保の設定と諸経費(登記費用・手数料等)も必要になるので事前に相談をしてみましょう。

3)無担保ローン

ローンで「無担保でローンを組みたい」という方には無担保ローンがおすすめです。
金利は有担保ローンと比べると高くなりますが、担保や保証人が不要で面倒なローン手続きが少なく済み審査も早いというメリットがあります。

4)カードローン

上記のローンが組めなかった場合には、カードローンがあります。
しかし業者によって取り扱いのあるカードが決まっていて、金利も異なるのできちんとカードローンについて確認することをおすすめします。

まとめ

外壁塗装の費用は、高額な費用がかかります。
ご自分の家の状態を知り、外壁塗装の塗料の種類やどのような工程で進めていくのか、また時期や費用やローンが組めるかなどの確認してください。

なので、外壁塗装の費用を見極めるためにも複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

 

外壁塗装の耐用年数はどれくらい??

外壁塗装の耐用年数は、一般的には約10年と言われています。
しかしこの外壁塗装の耐用年数は、あくまで目安と思ったほうがいいです。

それは外壁塗装の耐用年数は、塗料によって違いがあるからなんです。

塗装の種類 耐用年数
アクリル樹脂塗料 5~8年
ウレタン樹脂塗料 8~10年
シリコン樹脂塗料 10~15年
フッ素樹脂塗料 15~20年

しかし同じ塗料を使用していたとしても外壁塗装の耐用年数は、家の立地条件や環境で耐用年数に違いが出てしまいます。
海の近くに家があるなら潮の影響を受けて耐用年数は劣化によって早くなったり、日光の当たり具合や寒暖差や雨の影響を受けやすい環境などによっても耐用年数に違いがでるということです。

そして、塗装業者の技術によっても外壁塗装の耐用年数は左右されてしまいます。
塗装前の処理をきちんと行なわれていなかったり、塗料の濃度や量などでも外壁塗装の耐用年数に差が出てしまいます。

業者の中には外壁塗装の塗料を薄く塗るなど、手抜き工事が行われてしまうこともあるので業者を選ぶときには注意が必要で耐用年数にも影響がでてきます。

また上の表では「フッ素樹脂塗料」の外壁塗装の耐用年数が持つと表記していますが、ご自宅も「フッ素樹脂塗料」にすれば耐用年数が長くなるという事ではありません。
それはご自宅に合った塗料を適切に使用することが重要で、結果的には外壁塗装の耐用年数の持ちがよくなります。
耐用年数を伸ばそうと高い塗料を塗っても合わないものを使用したのでは、外壁塗装の耐用年数が逆に短くなってしまう可能性があります。

外壁塗装の耐用年数は、あくまで目安として考え劣化やカビやひび割れなど気になった時には一度業者に相談をしてメンテナンスをすることで耐用年数が長くなります。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

外壁塗装の費用で色選びで失敗しない方法

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e8%b2%bb%e7%94%a8%e8%89%b2

外壁塗装の費用の色選びのときには、かなり重要なポイントになります。
色を塗ったあとで「色を失敗した・・・。」と思ったらさらに外壁塗装の費用が高額になってしまうので、
色選びで失敗しない方法を知っておくといいですね。

まずは、業者から外壁塗装の費用で色のサンプルを見せてもらえます。
サンプルは小さく面積の広いところに色を塗るのとでは、サンプルを見た色と実際に外壁塗装した時の色とで違いがでてしまう可能性があります。

なのでここで色選びのポイントですが、
外壁塗装で明るい色を選択するなら ⇒ 少し暗めの色
外壁塗装で暗めの色を選択するなら ⇒ 少し明めの色

で外壁塗装の費用の色選びをすると、イメージと近い色になるのでおすすめです。

また外で太陽の光の下でもサンプルの色を確認をすると、より色のイメージが分かりやすくなると思うのでチェックしてみてください。

そして、外壁塗装をする時に「色の試し塗り」をしてもらうのが確実です。
サンプルの色と壁の一部に実際に色の試し塗りをしてもらい色の差異がないか確認できるので、外壁塗装の費用の色選びで失敗しない方法だと思います。

もし外壁塗装の費用の色のイメージが異なった場合には、その場で業者に的確に色のイメージを伝えることもできます。

外壁塗装の費用の色選びでは、サンプルだけでイメージするのではなく実際に壁の一部に「色の試し塗り」をしてもらい、色を確認して色選びで失敗しないようにしてくださいね。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

 

外壁塗装の費用は千葉だとどれくらい??

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85-%e8%b2%bb%e7%94%a8-%e5%8d%83%e8%91%8901

わたしの家は千葉になるので、外壁塗装の費用で千葉だとどれくらいするのかシュミレーションしました。

はじめに紹介したわたしの家は千葉にあり48坪で、セラミックシリコン塗料は総額908,800円で、
透湿弾性壁面防水化粧材、ハイブリットプロテクトUトップ塗料は総額1,045,000円でした。
外壁塗装の千葉での総額の中には、足場代や洗浄などを含む費用が入っていてこの価格でした。

しかし他の千葉の業者のホームページでは、外壁塗装の費用で同じ千葉でも耐用年数や保証期間に違いがあることが分かりました。

外壁塗装の費用で千葉のシュミレーションでは(30坪の場合)以下になります。
※今回は自分で塗料をシリコンで検索して各社千葉で調べてシュミレーションしました。

価格 耐用年数 保証期間
千葉A社 598,000円~ 7年 5年
千葉B社 648,000円~ 8年 10年
千葉C社 698,000円~ 10年 12年

外壁塗装の費用で千葉で、塗料がシリコンの場合に差があることがシュミレーションから分かりますね。
以前わたしが外壁塗装の費用の千葉で見積りをした時もそうでしたが、1つ1つシュミレーションして調べるのはとても時間がかかります。

そして外壁塗装の費用を千葉で今回は自分で3社千葉でシリコンのシュミレーションして調べましたが、その後自分で3つの千葉の業者に連絡をして見積もりをお願いすることになります。
しかし外壁塗装の費用千葉で見積もりに納得できなかった場合には、また千葉で探し千葉でシリコンのシュミレーションすることになり時間もかかってしまいますね。

わたしも実際自分で外壁塗装の費用を千葉のシリコンで探してみたので分かるのですが、とても大変でその千葉の業者で本当にいいのか不安になりました。
なので外壁塗装の費用を千葉で探す時には、その地域に合わせて一括見積してくれる「ヌリカエ」に頼んで本当によかったと思います。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

 

外壁塗装費用の千葉でのシュミレーションは、あくまで目安なのでご自宅の広さや壁の傷み具合にもよるので、まずは複数の見積もりをとりシュミレーションして比較することが外壁塗装の費用で失敗しないコツとも言えますね。

外壁塗装の費用で戸建てでシリコンの場合

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85-%e8%b2%bb%e7%94%a8-%e6%88%b8%e5%bb%ba%e3%81%a6-%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3

外壁塗装の費用で戸建てで、塗料をシリコンにした場合の特徴や注意点などがあります。

せっかく塗装費用をかけても耐用年数が短ければ、外壁塗装してもあまり意味がありませんよね。
なので外壁塗装の費用で塗料をシリコンにした時の耐用年数は、約10年~15年と言われています。

シリコンの特徴は以下になります。
シリコンは、価格的にもコストパフォーマンスがよく、耐候性(変形・劣化・変色などの変質を起こしにくい)や、汚れ、色あせしないという特徴があります。
またシリコンを使用すると、雨や泥を弾いてくれるので長期に渡ってコーティングを保つことができます。

外壁塗装の費用でサイディングの場合には、上塗りする時にシリコンを使用します。
サイディングの上からシリコンを上塗りすることで、撥水性を蘇らすことができます。
その際にシリコンの色を変えることも可能ですが、色選びにはポイントがあるのでこちらを参考にしてみて下さい。
↓↓↓
外壁塗装の費用で色選びで失敗しない方法

外壁塗装の費用でシリコンを使用する際に最も注意しなくてはいけないことは、シリコンの含有量の少ない物は耐用年数に大きく影響してくるという事です。

業者の中には、少しでもシリコンが配合されていればシリコン塗料として外壁塗装に使用するので、有名な塗料メーカーでないシリコンは注意が必要になります。

なので、三大大手塗料メーカーの『日本ペイント』『関西ペイント』『エスケー化研』の名前を覚えておくと、業者との相談の時にどこのメーカーのシリコン塗料を使用するのか確認するといいですね。
シリコンでもいろいろな種類があるので、自分の家に合ったシリコンを業者と相談してシリコンを決めてください。

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

外壁塗装の費用シュミレーション

外壁塗装の費用を簡単にシュミレーションすることができます。
わたしが実際にヌリカエで行った、価格シュミレーションならたったの10秒でシュミレーションできます。

シュミレーションヌリカエ

シュミレーションでは都道府県、床面積、状況、建物の種別、希望工事個所、電話番号、メールアドレスの7つの項目だけで外壁塗装の費用シュミレーションを簡単に行うことができます。

シュミレーションの項目を入力完了したあと『完全無料相場を見る』をクリックすれば、すぐにショートメッセージサービス(SMS)で費用シュミレーションの詳細を確認することができます。
なのでシュミレーション項目の電話番号は、ショートメッセージサービス(SMS)を受信できる携帯電話の番号を記載したほうがいいですよ。
またメールでは、外壁塗装の費用シュミレーションの詳細は記載されていませんのでご注意ください。

わたしがヌリカエで外壁塗装の費用シュミレーションを行ってショートメッセージサービス(SMS)で価格を確認してから、その日のうちにヌリカエの担当者から電話がかかってきました。

ヌリカエの担当者は、シュミレーションを元に外壁塗装費用について丁寧に説明をしてくれました。
以前外壁塗装の費用を他の業者にお願いしたことや費用や価格について、わたしの方から質問をした際にも分かりやすく教えてくれました。

外壁塗装の費用シュミレーションの際に目安となる費用では、総額金額で検討するのがポイントだと思いました。
それは業者によっては、見積書の内訳項目の部分を変えるところもあるそうなので外壁塗装の費用は総額金額で見るほうが適正とのことです。

またヌリカエでは複数の業者を紹介してくれるのですが、もし断る際にもヌリカエの方で全て行ってくれるので自分で断る心配もなく、また業者を探す必要もなく複数の業者を紹介してくれるので本当にヌリカエに頼んでよかったと思います。

なのでまずはヌリカエで、外壁塗装の費用シュミレーションをしてみてはいかがでしょうか??

ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

外壁塗装費用の価格を安くしたい

外壁塗装費用の価格を安くするなら、多くの業者から見積もりをとり比較することです。
1つの業者のみで見積もりをとった場合には、本当にその価格が適正なのか判断することが困難です。
なので複数の業者から見積もりをとり比較する理由はそこにあり、また価格を安くするためのポイントになります。

そこで、外壁塗装費用の価格の内訳を表すと以下になります。

円グラフ価格

円グラフでも分かるように外壁塗装費用の中では、塗料などの材料費が1番大きな割合を占めます。
この材料費が、外壁塗装する際には重要な部分となります。

価格を下げるために、安い塗料を使うと耐用年数が短くなる可能性があります。
また高い塗料を使うと耐用年数が伸びるというわけでもなく、自分の家の戸建てに合った塗料を使うことで耐用年数を持たせることができ、結果的にコストパフォーマンスがよくなります。

わたしの家は千葉にある外壁はサイディングなのですが、業者の見積もりでは「シリコン」と「フッ素」塗料がわたしの家のサイディングに合っているのと教えてくれました。
費用からみてもシリコンとフッ素は、自分でも考えていた塗装塗料だったので確認ができてよかったです。

この業者は、複数の優良業者を紹介してくれる「ヌリカエ」からの紹介された業者です。
ヌリカエ公式サイト
↓↓↓
https://lp.nuri-kae.jp

ヌリカエから簡単に価格のシュミレーションができたので、複数の業者を紹介してもらえたので、自分で探す手間もなくいい業者を千葉で探すことができました。
外壁塗装する際の費用では、ローンのことやサイディングやシリコン等の塗料の色や耐用年数などの質問も気軽に聞けて丁寧に対応してもらえたので助かりました。

なので、外壁塗装費用のシュミレーションをするのがおすすめです。

以上のことをまとめると、外壁塗装費用で価格を安くするためには優良業者を探し、見積もりやシュミレーションなどをしっかりと行い、シリコンやフッ素などの塗料をどれにするかしっかりと見極めるという事が大切です。

外壁塗装の費用の戸建ての足場

外壁塗装費用戸建て足場

外壁塗装の費用で戸建ての足場は、必ず設置した方がいいです。

それは、足場を設置しないと安定して外壁塗装の作業ができないので、せっかく外壁塗装の費用を出しているにも関わらず、足場の費用をケチって外壁塗装をした場合に塗料の耐久性が保てなくなり結果耐用年数が短くなってしまうからです。

そして外壁塗装の費用で戸建ての足場の価格ですが、おおよそ15万~20万ほどになります。
足場は1㎡あたり700円~1,000円が、大体の足場の単価となります。
しかしこの外壁塗装の費用で戸建ての足場は、業者によってバラつきがあります。

冒頭でも言いましたが、わたしの家は千葉にあり築26年の48坪の戸建てになります。
外壁塗装の費用を戸建ての千葉で見積もりしてもらった際には、当然足場の価格が表記してありました。
1社目の足場代は、270㎡×単価 1,200円 = 金額 324,000円
2社目の足場代は、198㎡×単価 800円 =金額 158,400円

と外壁塗装費用の足場の価格が、165,600円もの差がありました。

そもそも足場の㎡にも72㎡も違いがあり、足場の単価も400円の違いがあります。
2社目では198㎡で外壁塗装の足場が組み立てられるのですから、1社目では足場費用を上乗せされていたことが分かりました。

なので複数の業者からの見積もりをとることが、とても大切だと思います。

また外壁塗装費用の足場を「無料にする」という業者には注意が必要です。
外壁塗装の費用の内訳を上記の円グラフにもあるように、足場の割合は約15%ほどです。
もし「費用を無料」と言われて見積もり上も0円だったとしても、内訳のどこかの価格に上乗せされています。
なので外壁塗装では足場は必ず必要になるので「無料」ということはまずないので気を付けてください。

外壁塗装の費用で戸建ての足場の価格はおおよそ15万~20万ほどになるので、その価格を目安に見積もりと比較し確認することをおすすめします。

外壁塗装の費用で戸建てのベランダ

外壁塗装 費用 戸建て ベランダ

 

外壁塗装の費用で戸建てのベランダをする時のポイントはあるのでしょうか?
まずベランダは、雨や風にさらされることが多い場所のためベランダの腐食が進み劣化します。

ベランダの劣化には「剥がれ・ふくれ」「水が溜まる」「ひび割れ」「雨漏り」があります。
なのでベランダは防水性と耐久性を重視することがポイントになります。

外壁塗装の費用で戸建てのベランダの防水工事の方法は、種類があります。
主にベランダで使われているものは4つになります。
◆ FRP防水(プラスティックガラスシート)
◆ ウレタン防水(ウレタン)
◆ シート防水(ゴム、または塩ビシート)
◆ アスファルト防水

この4つの中で、ベランダのおすすめはFRP防水(プラスティックガラスシート)です。
ベランダの工事が簡単で、水はけもよく耐用年数も10年となっていて価格も4,000~7,500円(㎡)となるのでベランダの費用もおさえることができます。

ベランダの耐用年数は10年ですが、5年に1度はトップコートの塗り替えすることでベランダの耐用年数を伸ばすことができるので定期的にベランダのメンテナンスをしてください。

もう少し外壁塗装の費用で戸建てのベランダの価格を抑えたいと思っている人には、ウレタン防水がおすすめです。
FRP防水の水はけに比べると質は落ちますが、ウレタン防水でもベランダなら耐用年数も10年ほどなので十分対応できます。
価格は、3,000~7,000円(㎡)となり、FRP防水より少しベランダの価格を抑えることができます。
またベランダの工事も比較的簡単にできます。

わたしの千葉の戸建てのベランダは、壁がサイディングです。
そのベランダのサイディングの内側も外側も劣化が激しく、ベランダの総取り換え工事をする必要があるようです。
ベランダは水はけが悪く防水性が低下しています。
そして雨が降った次の日には、ベランダは水たまり状態でベランダが乾くまでに時間がかかります。
ベランダは、洗濯物などよく行き来する場所なので早くベランダの修理をしたいですね。
なのでわたしの千葉の戸建てのベランダは、FRP防水で工事をするのがいいと考えています。

そして外壁塗装はもともとする予定ではあったので、足場を組む必要がありどうせならベランダも一緒に工事をしたほうがベランダの価格も抑えられます。

また外壁塗装の費用で戸建てのベランダを支払う時には、今回はローンは組まずに行う予定です。

残念ながらヌリカエでは、外壁塗装の費用で戸建てのベランダのみのシュミレーションはできませんでしたが外壁塗装とベランダを一緒にできそうなのでお願いしています。